【シャドバ】七宝石の姫・レフィーエの最強デッキ構築に必要な情報まとめ

シャドウバース(Shadowverse)のカードパック『Brigade of the Sky / 蒼空の騎士』で実装された新カード「七宝石の姫・レ・フィーエ(しちほうせきのひめ・れ・ふぃーえ)」。

バトル中、毎ターン自分のリーダーと自分のフォロワーを回復させる効果をもたらすことができるカードで、シャドバプレイヤーの間で大流行となっている。

七宝石の姫・レ・フィーエ

七宝石の姫・レフィーエの能力

カード名称:『七宝石の姫・レ・フィーエ(しちほうせきのひめ・れ・ふぃーえ)
クラス:レジェンド
レアリティ:レジェンド
6コスト4/5 (進化後6/7)

進化前
守護
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。

進化後
守護

七宝石の姫・レフィーエの特徴と気になる点

七宝石の姫・レフィーエは4/5のスタッツで守護持ちもなかなかだが、特にファンファーレでリーダーに能力を付与するという能力がとにかく強力。

その能力というのが、「自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復」というものだ。

 

一度プレイしてしまえば、毎ターン回復できるので非常に粘り強く戦えるようになる。

 

七宝石の姫・レフィーエのカードで気になることといえば、能力についてだ。

コストの6というのは、この能力であれば妥当なラインかなとは思う。

で、能力だが2枚以上プレイできたとしても重複することがないので、2枚目以降は6コスト4/5の守護ということになる。

この能力自体は悪くはないのだが、他に有力なカードが多く存在しているので、できれば1バトル1枚出てくれるぐらいがちょうどいい。
ただ、かと言って枚数を減らすと肝心のとき(6ターン目プレイが理想)に手札に引ける確率も下がるので、結局最低でも2枚は採用しておく必要がある点。
これをどう見るかがポイントであり肝。

天狐の社を5ターン目に置いて6ターン目に七宝石の姫・レフィーエをプレイできれば理想ムーブ。(なかなか厳しいとは思うが)

天狐の社デッキにこだわらなくても、回復系で粘りながら中終盤で勝利を狙うデッキでも十分採用できるカードだ。

 

七宝石の姫・レフィーエの能力を最大限引き出す方法

七宝石の姫・レフィーエの最大のメリット。それはカードをプレイしなくても回復ができるという能力にある。

ビショップのカードには、回復効果が発動することで能力を発揮する『天狐の社』や『エイラの祈祷』といったカードがあるが、七宝石の姫・レフィーエはそれらのカードとの相性が非常に良い。

 

毎ターン、カードを使わずにダメージを飛ばしたりバフかけしたりすることができるのはかなり強力。

七宝石の姫・レフィーエの能力を最大限引き出す方法、それは『天狐の社またはエイラの祈祷と共にプレイしつつ、回復カードで盤面を制圧すること』である。

 

補足:天狐の社2018年7月18日(水)のアップデートでナーフにより4コストから5コストに変更となっている。

天狐の社

回復カード一覧

では、七宝石の姫・レフィーエの能力を最大限引き出すための回復カードにはどんなものがあるだろうか?

一覧にまとめてみたので確認してみてほしい。

※回復するカードだけでなく、回復によって効果をもたらすカードも含めている。

カード名称 カード種別 ステータス 能力
慈愛の雫
※オケアノスのチョイスカード
スペル 1コスト 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を2回復。
ロレーナの聖水
※ホーリープリースト・ロレーナのチョイスカード
スペル 1コスト 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を2回復。
カードを1枚引く。
宝石の巫女 フォロワー 2 カウントダウン 2
ラストワード 相手のリーダーに2ダメージ。自分のリーダーを2回復。
ユニコーンの踊り手・ユニコ フォロワー 2コスト2/2
(進化後4/4)
自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復。
ハッピーピッグ フォロワー 2コスト2/2
(進化後4/4)
進化前
ラストワード 自分のリーダーを1回復。進化後
ラストワード 自分のリーダーを3回復。
ラビットヒーラー フォロワー 2コスト2/1
(進化後4/3)
ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を2回復。
フロッグクレリック フォロワー 2コスト2/2
(進化後4/4)
ファンファーレ エンハンス4;自分のリーダーか自分のフォロワー1体を3回復。
聖なる弓使い・クルト フォロワー 2コスト2/2
(進化後4/4)
自分のリーダーが回復するたび、相手のリーダーに2ダメージ。
スタービショップ フォロワー 2コスト2/2
(進化後4/4)
ファンファーレ 自分の他のフォロワー1体を2回復。
愛の福音 スペル 2コスト 自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを3回復。
僧侶の聖水 スペル 2コスト 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を2回復。
カードを1枚引く。
ヒーリングエンジェル フォロワー 3コスト2/3
(進化後4/5)
ファンファーレ 自分のリーダーを2回復。
アマテラス
※月と太陽のチョイスカード
フォロワー 3コスト2/2
(進化後4/4)
交戦時 自分のリーダーを1回復。
ラストワード 月と太陽1枚を手札に加える。
バイヴカハの福音
※バイブカハ エンハンス9でのプレイ時に手札に加わるカード
スペル 3コスト ランダムな自分のフォロワー1体を+3/+3する。
カードを3枚引く。
自分のリーダーを3回復。
レディアントシャーマン フォロワー 3コスト2/3
(進化後3/4)
進化時 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を4回復。
希望導く聖乙女・ジャンヌ フォロワー 3コスト2/3
(進化後4/5)
ファンファーレ エンハンス7;相手のフォロワーすべてに3ダメージ。自分の他のフォロワーすべてを3回復。
内気なアルミラージ フォロワー 3コスト2/3
(進化後4/5)
自分のターン終了時、このフォロワーを2回復。
ファンファーレ エンハンス5;+2/+0する。相手のターン終了まで、潜伏を持つ。
治癒の祈り スペル 3コスト 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を3回復。自分のアミュレットすべてのカウントダウンを1進める。
エイラの祈祷 アミュレット 3コスト 自分のリーダーが回復するたび、自分のフォロワーすべてを+1/+1する。
ペガサスの結晶像 アミュレット 3コスト カウントダウン 4
自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復。
詠唱:白牙の神殿 アミュレット 3コスト カウントダウン 8
自分のターン終了時、自分のリーダーを1回復。
「自分のリーダーか自分のフォロワー(または両方)を回復させる」能力が働くたび、このアミュレットのカウントダウンを1進める。
ラストワード 大翼の白竜1体を出す。
純白の聖鳥
※相克の翼像のチョイスカード
フォロワー 4コスト4/3
(進化後6/5)
自分のターン終了時、このフォロワーを2回復。
清浄の治療師 フォロワー 4コスト3/3
(進化後5/5)
ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を2回復。
エンハンス 6;自分のリーダーか自分のフォロワー1体ではなく自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを2回復。
オクトパスビショップ フォロワー 4コスト3/4
(進化後5/6)
自分のターン終了時、このフォロワーを3回復。
ペガサスデュラハン フォロワー 4コスト3/3
(進化後5/5)
このフォロワーが場に出たとき、自分の他のフォロワーすべてを2回復。
ラストワード ランダムな自分のカウントダウンを持つアミュレット1つは「ラストワード ペガサスデュラハン1体を出す」を持つ。
ダークオファリング スペル 4コスト 自分のフォロワー1体を破壊する。
「破壊したフォロワーの体力」と同じだけ自分のリーダーを回復して、同じだけカードを引く。
天狐の社 アミュレット 5コスト 「自分のリーダーか自分のフォロワー(または両方)を回復させる」能力が働くたび、相手の場にフォロワーがいるならランダムな相手のフォロワー1体に、いないなら相手のリーダーに、2ダメージ。
ヒールプリースト フォロワー 5コスト4/4
(進化後6/6)
ファンファーレ 自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復。
レディアンスエンジェル フォロワー 5コスト2/4
(進化後4/6)
ファンファーレ 自分のリーダーを3回復。カードを1枚引く。
天狐 フォロワー 5コスト4/5
(進化後6/7)
自分のフォロワーが攻撃するとき、自分のリーダーを1回復。
明転の牝鹿・ケリュネイア
※ケリュネイアのチョイスカード
フォロワー 5コスト3/5
(進化後5/7)
突進
自分のターン終了時、このフォロワーを4回復。
ムーンアルミラージ フォロワー 6コスト3/5
(進化後5/7)
疾走
自分のターン終了時、このフォロワーの体力を上限まで回復。
ホワイトスワン・オデット フォロワー 6コスト4/5
(進化後5/6)
ファンファーレ 相手の場にブラックスワン・オディール1体を出す。その後、このフォロワーは進化する。
七宝石の姫・レ・フィーエ フォロワー 6コスト4/5
(進化後6/7)
守護
ファンファーレ このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン終了時、自分のリーダーと自分のフォロワーすべてを1回復」を持つ。リーダーはこの能力を重複して持たない。
 癒しの奏者・アンリエット フォロワー 7コスト4/5
(進化後6/7)
ファンファーレ 攻撃済み状態の自分の他のフォロワー1体を、攻撃していない状態にして、体力を上限まで回復する。
大修道女 フォロワー 7コスト5/5
(進化後7/7)
ファンファーレ 自分のリーダーか自分のフォロワー1体を5回復。
ホワイトナイト フォロワー 7コスト6/6
(進化後8/8)
ファンファーレ 自分のフォロワーすべての体力を上限まで回復。
ディースの裁き スペル 7コスト 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に7ダメージ。自分のリーダーを7回復。
ルシフェル フォロワー 8コスト6/7
(進化後9/8)
進化前
自分のターン終了時、自分のリーダーを4回復。
進化後
自分のターン終了時、相手のリーダーに4ダメージ。
イスラーフィール フォロワー 9コスト8/8
(進化後10/10)
ファンファーレ 自分のリーダーを4回復。
攻撃時 相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。
K・B・S・N
※スウィンガートリオ・ローアイン⇒スウィンガートリオ・エルセム⇒スウィンガートリオ・トモイとプレイすることで手札に加わるカード
フォロワー 9コスト5/6
(進化後7/8)
突進
守護
攻撃時 「自分の他のフォロワーすべてを+1/+0する」「自分のリーダーを2回復」の中から、ランダムに1つの能力が働く。

堕天と組み合わせるのも面白い

上記一覧には入れてなかったが、自分か相手のフォロワーまたはアミュレットを3コスト1/3 ドレイン持ちの堕天使にさせられる『堕天』との組み合わせてみるのもありだとは思う。

相手の邪魔なラストワード持ちフォロワーや大型フォロワー、アミュレットなどを除去するのにも使うことができ、また自分のフォロワーまたはアミュレットをドレインフォロワーに変身させて回復をもたらすこともできる。

七宝石の姫・レ・フィーエと天狐の社がプレイされている状態で別の自分のフォロワーに堕天使を使うことで天狐の社を2回働かせることも可能だ。

堕天

頂きの教会との相性も良い

七宝石の姫・レフィーエは頂きの教会との相性も良い。
その理由は、ターン終了時に自分のフォロワーすべてを1回復できるという効果をもたらすことができるからだ。

頂きの教会デッキで採用されるカードはスタッツが高く、それらのカードに毎ターン回復がつくのは非常に強力。

6ターン目七宝石の姫・レフィーエで顔面を守りながら、7ターン目ヘヴンリーナイトで盤面または顔面を狙う動きも粘り強く勝利も掴みやすい。

頂きの教会

まとめ

七宝石の姫・レフィーエの強さについてまとめてみたが、いかがだっただろうか?

七宝石の姫・レフィーエは天狐の社デッキで流行っているカードの1枚だが、頂きの教会などとの相性も良く、色んなデッキで採用できるフォロワーである。

 

特に中終盤以降、バトルが長引くほど力を発揮してくれるカードとなるのでコントロール系のデッキではほぼ採用されることになるだろう。

実際のデッキについても別途紹介していこうと思うのでそちらも是非試してみてほしい。

 

以下のチャンネルでシャドバ配信やってるので是非きてね!

シャドウバース (Shadowverse)

シャドウバース (Shadowverse)

Cygames, Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク