Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ドラゴンクエスト】ドラクエのナンバリングタイトル評価・レビューまとめ

ドラゴンクエスト(ドラクエ)のナンバリングタイトル全シリーズをまとめてみたぞ!
プレイ済のタイトルについては評価・レビューも載せているので参考にしてみてほしい。

第1位 ドラゴンクエスト

ドラゴンクエスト(DRAGON QUEST)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

平和だったアレフガルドの世界に闇の覇者・竜王が現れ、

世に平和をもたらしていた「光の玉」を奪い去ってしまった!

ふたたび闇に閉ざされた世界を救うため、

伝説の勇者・ロトの血を引く主人公、つまりあなたは、

竜王討伐の旅に出る。

ゲーム評価

総合評価:7.2 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★---
システム ★★★★★★★★--
グラフィック ★★★★★★★---
音楽 ★★★★★★★★★-
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★★★--
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★-------

ドラゴンクエストのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエスト(DRAGON QUEST)

ドラゴンクエスト(DRAGON QUEST)

SQUARE ENIX INC

第2位 ドラゴンクエストⅡ

ドラゴンクエストⅡ(DRAGON QUESTⅡ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

前作から100年後、

かつてアレフガルドの地を救った勇者の血を引く

子孫によって新たに3つの国が興された世界。

そこに現れた大神官ハーゴンは

魔物たちを闇の世界から呼び出し、

世界を破滅に導こうとしていた!

ローレシアの国の若き王子はハーゴンを討伐すべく、

同じ勇者の血を引く

2人の仲間を探しだすため旅立つ。

ゲーム評価

総合評価:7.7 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★--
システム ★★★★★★★★--
グラフィック ★★★★★★★---
音楽 ★★★★★★★★★★
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★★★--
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★★------

ドラゴンクエストⅡのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエストⅡ(DRAGON QUESTⅡ)

ドラゴンクエストⅡ(DRAGON QUESTⅡ)

SQUARE ENIX INC

第3位 ドラゴンクエストⅢ

ドラゴンクエストⅢ(DRAGON QUESTⅢ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

小国アリアハンの勇敢なる戦士・オルテガの

息子である主人公は

16歳の誕生日を迎えたある日、王様から

重大な使命を告げられる。

それは、亡きオルテガの遺志を継ぎ、

闇の国より現れた魔王・バラモスを倒すことだった。

世界を救うため旅立った主人公を待ち受けていた

驚きの運命とは……!?

ゲーム評価

総合評価:8 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★★-
システム ★★★★★★★★★-
グラフィック ★★★★★★★---
音楽 ★★★★★★★★★★
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★★---
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★★★-----

ドラゴンクエストⅢのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエストⅢ(DRAGON QUESTⅢ)

ドラゴンクエストⅢ(DRAGON QUESTⅢ)

SQUARE ENIX INC

第4位 ドラゴンクエストⅣ

ドラゴンクエストⅣ(DRAGON QUESTⅣ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

第1章 〜 王宮の戦士たち 〜

辺境の地バトランド王国には、屈強な肉体を持ち、

勇敢な魂を王国にささげる一人の戦士がいました。

彼の名はライアン。

ある日、王様は王宮戦士達を城に集め、

最近国をおびやかしている事件の捜査を命じます。

この事件が意味することとは一体…!?

第2章 〜 おてんば姫の冒険 〜

サントハイム王国のお姫様、アリーナは好奇心旺盛で武術も

たしなむおてんば姫。彼女の夢は、自分の武術の腕を試すため、

お城を抜け出して世界中を旅することでした。

そんな元気いっぱいの姫に、王様もお付きの者たちも手を焼く毎日。

そして、ある日とうとう…!?

第3章 〜 武器屋トルネコ 〜

小さな町レイクナバで、見習い商人として働くトルネコは、

奥さんと子供3人で幸せな日々を送っていました。

しかし彼には、世界中の道具を集め、

世界一の大商人になる夢がありました。

この小さな町から、トルネコの大きな夢が動き出します。

第4章 〜 モンバーバラの姉妹 〜

歌と踊りの町モンバーバラに暮らす、

自由奔放な踊り子の姉マーニャと

物静かでしっかり者の妹ミネア。

ふたりは父の仇を討つという

強い思いを胸に過酷な旅に出る。

第5章 〜 導かれし者たち 〜

この物語の主人公、あなた自身の物語。

山奥にひっそりと、誰にも知られることなくたたずむ村で、

平穏な日々を送っていた主人公。

ところが、見えざる力に導かれし者たちが主人公のもとへ集い、

運命は大きく動き出します。

ゲーム評価

総合評価:8 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★★-
システム ★★★★★★★★--
グラフィック ★★★★★★----
音楽 ★★★★★★★★★★
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★★★--
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★★★★----

ドラゴンクエストⅣのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエストⅣ(DRAGON QUESTⅣ)

ドラゴンクエストⅣ(DRAGON QUESTⅣ)

SQUARE ENIX INC

第5位 ドラゴンクエストⅤ

ドラゴンクエストⅤ(DRAGON QUESTⅤ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

主人公は、父・パパスとともに世界中を旅する少年。

少年は数々の経験を経て、やがて青年へと成長し

父の意志を継いで ” 天空の勇者 ” を探す旅へ

主人公が歩むこととなる ” 波乱万丈の人生 ” とは…

親子3代にわたる壮大な物語がスマートフォンで蘇る。

ゲーム評価

総合評価:9 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★★★
システム ★★★★★★★★★-
グラフィック ★★★★★★★---
音楽 ★★★★★★★★★★
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★★★★-
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★★★★★★★-

ドラゴンクエストⅤのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエストⅤ(DRAGON QUESTⅤ)

ドラゴンクエストⅤ(DRAGON QUESTⅤ)

SQUARE ENIX INC

第6位 ドラゴンクエストⅥ

ドラゴンクエストⅥ(DRAGON QUESTⅥ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

主人公は、辺境の村・ライフコッドに住む少年。

たったひとりの妹とふたり、平和に暮らしていたが、

ある時、山の精霊の啓示を受け、旅立つことを決意する。

彼が目撃した「幻の大地」の真相とは…?

ふたつの世界をめぐる壮大な冒険がスマートフォンで蘇る。

ゲーム評価

総合評価:8.2 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★--
システム ★★★★★★★★--
グラフィック ★★★★★★★★--
音楽 ★★★★★★★★--
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★★★--
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★★★★★★★-

ドラゴンクエストⅥのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエストⅥ(DRAGON QUESTⅥ)

ドラゴンクエストⅥ(DRAGON QUESTⅥ)

SQUARE ENIX INC

第7位 ドラゴンクエストⅦ

ドラゴンクエストⅦ(DRAGON QUESTⅦ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

広大な海にたったひとつ浮かぶ、グランエスタード島。

そこには ”禁断の地” と呼ばれる古い遺跡があった。

ある日、港町フィッシュベルに住む少年と、

グランエスタードの王子キーファは、

好奇心からその遺跡に足を踏み入れ、

そこで発見した不思議な石版の力で

見知らぬ土地に飛ばされてしまう。

世界に散り散りになった石版が示す土地を旅する中で、

少年たちは石版に封印された世界の記憶を呼び覚まし、

世界の本当の姿を取り戻していく。

ゲーム評価

総合評価:8 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★--
システム ★★★★★★★★--
グラフィック ★★★★★★★---
音楽 ★★★★★★★★--
キャラクター ★★★★★★★★--
快適度 ★★★★★★★---
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★★★★★★★★

ドラゴンクエストⅦのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエストⅦ(DRAGON QUESTⅦ)

ドラゴンクエストⅦ(DRAGON QUESTⅦ)

SQUARE ENIX INC

第8位 ドラゴンクエストⅧ

ドラゴンクエストⅧ(DRAGON QUESTⅧ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

古の伝説に語られし、ひとふりの杖。

その杖に封印された、邪悪なる力を解き放つ者、

彼の名は ” ドルマゲス ”。

封印から目覚めし呪いの力によって、

時を止められた一つの王国があった

今、王国の若き兵士が旅立つ。

ゲーム評価

総合評価:7.6 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★--
システム ★★★★★★★★--
グラフィック ★★★★★★★---
音楽 ★★★★★★★★--
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★----
コミュニケーション なし
やり込み要素 ★★★★★★★---

ドラゴンクエストⅧのゲーム評価・レビュー記事

ドラゴンクエストⅧ(DRAGON QUESTⅧ)

ドラゴンクエストⅧ(DRAGON QUESTⅧ)

SQUARE ENIX INC

第9位 ドラゴンクエストⅨ

ドラゴンクエストⅨ(DRAGON QUESTⅨ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

1986年の発売以来、家庭用RPGを代表する作品として好評いただいている「ドラゴンクエストシリーズ」、9作目の最新作です。
自分自身が壮大な世界を冒険するというこれまでの楽しさに加え、さまざまなキャラクターカスタマイズ要素を採用。またニンテンドーDSならではのワイヤレス通信機能を活かし、本当の”仲間”と一緒に冒険するマルチプレイを実現しました。これまでにない、新しい冒険の楽しさも体験できます!

ゲーム評価

総合評価:7.4 / 10

評価
シナリオ ★★★★★★★★--
システム ★★★★★★★★--
グラフィック ★★★★★★----
音楽 ★★★★★★★---
キャラクター ★★★★★★★★★-
快適度 ★★★★★★----
コミュニケーション ★★★★★★★---
やり込み要素 ★★★★★★★★--

ドラゴンクエストⅨのゲーム評価・レビュー記事

第10位 ドラゴンクエストⅩ

ドラゴンクエストⅩ(DRAGON QUESTⅩ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

レンダーシアの中心に位置するエテーネ島。そのエテーネの村で主人公は暮らしていた。エテーネの民が代々引き継いでいる時渡りの術の力を危惧した冥王ネルゲル達の襲撃によりエテーネの村は壊滅。レンダーシアは迷いの霧に覆われる。死亡した主人公は謎の神殿に飛ばされ、同時期に不慮の死を遂げた別の種族として生き返しを受けることとなった。復活早々事件に遭遇するも、勇者が覚醒した際に発した光によって救われる。種族の集落を旅立ち、大地の箱舟に乗ると、そこで主人公は放浪の賢者ホーローと出会う。ホーローは主人公に5つの大陸をめぐり、力量の目安としてキーエンブレム(国を救うレベルの功績を上げたものが、各大陸の大都市の統治者から授与される勲章)を集めるように伝える。

各大陸で様々な事件を解決しキーエンブレムを集めた主人公は、賢者ホーローの導きでネルゲルの居城・冥王の心臓に向かおうとするが、邪悪な力で阻まれてしまう。そこに渡るためには破邪舟が必要なのだが、その技術はすでに失われてしまっていた。主人公は人間の姿を取り戻し、時渡りの術で破邪舟の技術があった過去の時代へと行き、その技術を現在に継承させる手助けをする。現代に戻り、現代の破邪舟師の力を借りて冥王の心臓に渡った主人公がネルゲルを討伐すると、賢者ホーローより勇者として覚醒したレンダーシアのグランゼドーラ王国王女の手助けをしてほしいと頼まれる。

※Wikiより掲載

第11位 ドラゴンクエストⅪ

ドラゴンクエストⅪ(DRAGON QUESTⅪ)評価・レビュー及び感想

ゲーム概要

伝説の「勇者」の生まれ変わりとして、主人公は、広大な世界へと旅立つ。

穏やかなイシの村で育った主人公は16歳となり、村のしきたりである成人の儀式にのぞむ。そして自分は、かつて世界を救ったとされる「勇者」の生まれ変わりであり、大きな使命を背負うものだと知る。
勇者とは何か、勇者の使命とは何かを知るため、故郷を旅立つ。

目指すは大陸一の大国「デルカダール」。そして王のもとへ。

デルカダールに行けばすべてが明らかになるのだという母の言葉をもとに、やがて主人公は、デルカダール王のもとへ。
「勇者」であることを告げる主人公に、デルカダール王は「勇者」とは何者なのかを語り出し–

そして、勇者は悪魔の子と呼ばれた!!

デルカダール王が語った内容はまさかのものだった。
勇者は悪魔の子である、というのだ。
王の言葉に反応し、主人公に立ちはだかる兵士たちと、突きつけられる剣。
一体これはどういうことなのか。
伝説の「勇者」の物語は、急展開を見せ、動き出す。
主人公の運命や、いかに–!?

追われる身となった”勇者”とその仲間たち

主人公と仲間たちは、勇者にまつわる伝説の謎を解き明かすため冒険の旅にでる。

その謎をときあかすため、彼らはともに「命の大樹」を目指す

まだ見ぬ世界で待つ新たな出会い

主人公たちの旅路は、大海原を越え、海底や天空にも及ぶ壮大なものとなる。
そこでは、さまざまな人々との出会いが待っている。

主人公と仲間たちの冒険は……

やがて、世界の大いなる”真実”へとつながる

なぜ、勇者は悪魔の子と呼ばれたのか?
その答えを求める冒険は、ある真実へとたどり着くものだった。

ふたたび、「勇者の時」が動き出す。

 
スポンサーリンク