パソコンデータ復旧ソフト『EaseUS Data Recovery Wizard Pro』の製品レビューと評価・感想

パソコンの大事なデータ、あなたはバックアップを取っているだろうか?

私は外付けハードディスクは用意していたが、大事なデータを外付けHDDに移していただけでバックアップは取っていなかった。

そんなずさんな管理のまま時が流れ、ある日事件が起きた。

外付けハードディスクが起動しなくなったのだ。

色々試してみたものの、全く反応なし。

パソコンピンチ

インターネットで調べていると、『消失してしまったデータを復元することが可能なソフト』を発見!ハードドライブが損壊したケースでもデータ復元できるソフトのようで善は急げで早速試してみることにした。

結果からいうと、このデータ復旧ソフト『EaseUS Data Recovery Wizard』は、是非おすすめしたいイチオシの製品だったので紹介しておきたい。

このページでは、私と同じようにデータ復旧で困っている人のためにダウンロードから操作手順までの使い方と、この製品のレビュー・評価についても触れておくので参考にしてみてほしい。

『EaseUS Data Recovery Wizard』のダウンロード

私はEaseUS Data Recovery WizardのPro版でデータ復旧したのだが、Free版をダウンロードして試すこともできるのでまずは以下のページからダウンロードしてみよう。

EaseUS Data Recovery Wizardダウンロード

『EaseUS Data Recovery Wizard』のインストール手順

EaseUS Data Recovery Wizardをダウンロードしたら次はインストールだ。
手順は以下の通り。

EaseUS Data Recovery Wizardセットアップアイコン

手順①⇒ダウンロードした「drw_free.exe」をダブルクリックする

セキュリティの警告

手順②⇒セキュリティの警告が表示されたら「実行」ボタンをクリックする

インストール言語

手順③⇒インストール中の表示言語を選択し、「OK」ボタンをクリックする

インストールセットアップ

手順④⇒セットアップウィザードが表示されたら「次へ」ボタンをクリックする

インストールセットアップ2

手順⑤⇒使用許諾契約書を確認して問題なければ「同意」ボタンをクリックする

インストールセットアップ3

手順⑥⇒インストール先を指定し、「確認」ボタンをクリックする

特にインストール先フォルダに変更なければそのまま先に進む。

インストールセットアップ4

手順⑦⇒追加タスクを選択し、「インストール」ボタンをクリックする。

特に指定なければデスクトップ上にアイコンを作成しておけば問題ない。

インストールセットアップ5

手順⑧⇒インストールが終わったら、「完了」ボタンをクリックする。

『EaseUS Data Recovery Wizard』の操作手順

EaseUS Data Recovery Wizardのデータ復元までの流れとしては、データ復旧したいディスクを選択しスキャンを行う。スキャンが終わったらリカバリーしたいフォルダーを選択してリカバリーを実施する、といった具合だ。

以下に操作手順を紹介しておこう。

ソフト起動

手順①⇒「EaseUS Data Recovery Wizard」をダブルクリックして起動する

スキャン

手順②⇒スキャンを行うディスクを選択し、「スキャン」ボタンをクリックする

※場所の指定でフォルダーを選択することが可能

リカバリー開始

手順③⇒スキャンが終わったらリカバリーを行うフォルダーを選択し、「リカバリー」ボタンを
クリックする

リカバリー保存先

手順④⇒リカバリーデータの出力先を選択し、「OK」ボタンをクリックする

リカバリー完了

手順⑤⇒リカバリーが終わったら「OK」ボタンをクリックする

リカバリー結果

手順⑥リカバリーデータの出力先にデータが復元されていることを確認する

『EaseUS Data Recovery Wizard』を使ってみた感想と評価

実際に『EaseUS Data Recovery Wizard Pro』を使ってみて感じたことをメリットやデメリット、改善してほしい点に分けてまとめてみたのでご覧いただきたい。

メリット(このソフトの強み・魅力)

シンプルで分かりやすい

シンプルなのがこのソフトの一番の魅力なのではないかと私は感じている。
ソフトを起動後に驚いたほどだ。出来ることがスキャン以外にない。
パソコンに慣れていない人でも簡単操作で非常に分かりやすく、単純明快でとっつきやすい。

復元可能ファイルをプレビューできる

リカバリー開始前に復元可能な画像や動画ファイルをプレビュー表示機能で確認できる。
復元したいデータがある場合だけリカバリーすれば良く、復旧作業時間が大幅に短縮できる。
容量が大きければそれだけリカバリーにも時間がかかるため、このプレビュー機能は地味ではあるが嬉しいポイントだ。

フリー版でリカバリーまで試せる

私は他のデータ復旧ソフトも使ったことがあるが、フリー版で出来たのはスキャンまで。
肝心のリカバリーまでは試すことができなかった。
容量に制限はあるが、実際にスキャンからリカバリーまでを行うことができるのがこのソフトの安心ポイント。

デメリット(改善してほしい点)

操作説明が分かりずらい

ソフトの画面上から「ビデオチュートリアル」を選んだ場合、チュートリアルの動画が表示されるが全て英語で解説される。日本語のチュートリアルが欲しいと感じた。
また、「オンラインヘルプ」を選ぶと操作ガイドが表示されるが、詳細なマニュアルが別ページに行かなければ見られなくなっている。
ソフト内から詳細マニュアルにダイレクト表示ができてもいいような気はする。

ただ、このソフトに操作説明が必要かと言われれば、ある程度パソコン慣れしている人には不要かもしれない。

スキャンに時間がかかる

ディスクを丸々データ復旧する場合、当然スキャンも長時間になるのは仕方ない。
ただ、ほとんどデータのないフォルダを指定した場合でもスキャンに時間がかかるのは気になった。
ディープスキャンが始まるとかなりの時間がかかるので、ディープスキャン前のデータ復元ができるタイミングで何かメッセージで教えてくれるとありがたいなと感じた。

高速スキャンは他のソフトよりも処理速度が速いと感じているので、ディープスキャンについての説明も付け加えて欲しい。

バックアップ等の機能が別ソフト

ソフト画面上部のメニューから「バックアップ」を選ぶとWebでバックアップ専用ソフトの紹介ページが開く。非常にシンプルなソフトなので仕方ないのかもしれないが、バックアップなどの機能が拡張機能として使えると便利だと感じた。

ユーザーインターフェースが非常にシンプルで気に入っているので、バックアップなどの機能がメニューから使えるのであれば是非欲しいところ。

まとめ

データ復旧ソフトの『EaseUS Data Recovery Wizard』について紹介してきたが、いかがだっただろうか?

パソコンを使うことが多い人であれば、何かしらのトラブルでデータを復旧したいと思うことは少なからずあるはず。
もし今すぐデータ復元したいと考えているなら、『EaseUS Data Recovery Wizard』は本当にオススメできるソフトなので是非使ってみてほしい。

そして今後のために伝えておきたいこと。

トラブルが起きる前にバックアップは必ず行ってほしい。

起きてしまってからでは、本当に困ることになるからだ。

全てのデータを復元できるのであればいいが、大事なものが戻ってこなくなるリスクはとにかく避けるべき。

リスクヘッジを考えながら日々を過ごしてほしい。
ただ、今このページを読まれているあなたはデータを復旧したくて困っているかと思うので、
まずはデータ復旧フリーソフトで実際に使って試してみることをおすすめしたい。

スポンサーリンク